個人で行う時は

債権回収は、弁護士にも誰にも相談せずに行うことも不可能ではありません。基本的には、債権回収は請求したことが証拠として残る内容証明郵便や裁判所に間に入ってもらい、交渉を行う調停、または裁判所から相手に支払いを督促して債権を公的に認めてもらう支払督促手続などがあります。また、それでもダメな場合には訴訟を行うこととなります。こうした手続は、弁護士などのプロの法律家がいなくても個人で行うことが可能です。

しかし、債権回収では債務者もすんなりとその債権を認めて支払いに応じないことも多く、初期の段階で上手く行かないとやり取りが長引き、手間と時間、手数料などのお金を浪費する可能性もあります。個人で時間をかけて督促を行っていると、その間に相手に自分の財産を差し押さえられないように処分されるリスクもあるようです。そのため、個人で行うのは非常に難しく、やる場合には徹底して行うことが必要となります。また、内容証明も手軽には送れますが、その内容の書き方を間違えると債務者に有利な状態を与えてしまったり、請求が上手くいかなくなる恐れもあるので注意が必要です。

知識や時間、行動出来るスキルがそろっていない場合には、個人的に行おうとはせずに弁護士に相談に行ったほうが安心かも知れません。また、弁護士に相談するのであれば、自分で勝手な動きをせずに速やかに相談することが大切です。

債権回収で財産を調査

債権回収を行う場合には、支払いなどをしたい相手にそれだけの支払い能力があるかどうかを知ることも大切になります。「ない袖は振れない」ではありませんが、お金のない人から支払いをしてもらうことは不可能です。そのため、債権回収を実際に行う前には相手の財産についての調査を行わなければいけません。話し合いなどで支払いをしてもらう場合はもちろんですが、裁判などで勝訴することによって債権の取立てと財産の差し押さえを行ってもらう場合にも財産がなければ回収できないのです。

債務を持った相手の財産などを調査するのは、弁護士事務所などの専属の調査を行うチームや部署、またはそういった調査を独自に、そして専門に行っている調査会社などです。弁護士は職務権限として訴訟手続きとともに財産調査も行うことが可能となります。しかし、全ての弁護士事務所で財産の調査までを行っているわけではありません。

そうした場合には調査会社に依頼して財産調査をしてもらうことになります。調査会社は個人が独自に探せないことも多く、良質な調査会社ばかりではないようです。そのため、弁護士に相談する場合には調査会社の紹介や調査から相手との交渉まで込みの依頼が可能かどうかを確認することも大切になります。

債権回収は弁護士に

債権回収は、実は素人の人でも個人的にできるものです。しかし、滞っている債権を回収するということは、なかなか一筋縄ではいかないこともあり、個人で行うことでより面倒なことになったり回収できなくなってしまうこともあります。売買や個人間の約束で債権が発生した場合、通常であれば請求された人は請求した人にお金を支払ったり商品を納めたりします。しかし、支払いなどが滞るということは債務者の方に何らかの支払えない事情などが発生している可能性があり、請求されたからと言って話がスムーズに進むとは限らないのです。

そのため、何らかの事情で滞った債権回収を進めるためには、法的に正しいやり方で行い、相手が拒否したり請求を無視できないようにすることが必要となります。法律に則って行うことで、強制的に支払いを求めることもできるようになることもあります。

法的に正しいやり方で進める必要があるため、当然、法律のプロである弁護士が適任となります。弁護士に相談することで、債権回収のやり方を知ることもできますし、手順に沿って請求を代行してもらうことも可能です。また、弁護士が出てきたことで請求したい相手に精神的な圧力をかける効果もあります。

債権回収の相談と方法

債権回収を考えている方というのは多くの場合、大変なことになったと頭を悩ませているものです。一人で、もしくは社内だけで悩んでいるのであれば、少しでも知恵やノウハウを正しく得るために誰かの力を借りることを考えましょう。債権とは、お金を貸したり、商売の売り上げや月謝、養育費などのお金を支払ってもらう権利を指しており、それを回収することは債権者として当然のことです。しかし、中には債務者である相手の事情や意思によって支払いがなかなか行われないことがあります。こうした事態は債権を持っている側に大きな不利益をもたらすことになるものです。

債権回収では、こうしたスムーズに行われずに滞っている支払いを督促や交渉、訴訟などによって相手に促すことであり、そのやり方はあまり一般的に知られていることではありません。そのため、やったことのない人が自分たちだけで進めていくにはハードルの高いものとなるでしょう。また、債権回収の方法を間違ってしまうと、さらにトラブルに発展したり、回収までの期間が長引いてしまうこともあります。そんな大変な債権回収を適切に進めるには、プロに任せることが大切です。

当サイトでは、そんな債権回収の相談窓口やどんなふうに相談をすれば良いかについてご紹介いたします。困った時には一人で悩まずに、的確な方法を知っているプロに依頼して快適に問題を解決しましょう。失敗できない問題なので、正しい道筋を示してくれる人を探すことが大切です。