債権回収で財産を調査

債権回収を行う場合には、支払いなどをしたい相手にそれだけの支払い能力があるかどうかを知ることも大切になります。「ない袖は振れない」ではありませんが、お金のない人から支払いをしてもらうことは不可能です。そのため、債権回収を実際に行う前には相手の財産についての調査を行わなければいけません。話し合いなどで支払いをしてもらう場合はもちろんですが、裁判などで勝訴することによって債権の取立てと財産の差し押さえを行ってもらう場合にも財産がなければ回収できないのです。

債務を持った相手の財産などを調査するのは、弁護士事務所などの専属の調査を行うチームや部署、またはそういった調査を独自に、そして専門に行っている調査会社などです。弁護士は職務権限として訴訟手続きとともに財産調査も行うことが可能となります。しかし、全ての弁護士事務所で財産の調査までを行っているわけではありません。

そうした場合には調査会社に依頼して財産調査をしてもらうことになります。調査会社は個人が独自に探せないことも多く、良質な調査会社ばかりではないようです。そのため、弁護士に相談する場合には調査会社の紹介や調査から相手との交渉まで込みの依頼が可能かどうかを確認することも大切になります。